ホワイトニングの持続期間は施術タイプによって違う!?口内環境や歯の状態には個人差がある

ホワイトニングで知覚過敏 ホワイトニング

オフィスタイプとホームタイプ

ホワイトニングにはクリニックまで足を運んで受けるオフィスタイプと、専用の薬剤を持ち帰って、自宅で行なうホームタイプの2通りがあります。

そしてホームタイプは専門家でない人でも問題なく扱えるように、薬剤の濃度が抑えてあります。そのため歯の色の変化を実現できるようになるまでの期間は、オフィスタイプの方が短いです。

専門家の手によって比較的強い薬剤が使われるオフィスタイプは、少ない回数でも効果が表れやすいです。施術時間も長くて2時間程度と、ホームタイプと比べるとそう長くはありません。

ただその反面色が元に戻りやすいという弱点があります。そのため
歯の白さのレベルを維持するためには定期的に治療を受ける必要があります。

それに対してホームタイプは専用のマウスピースに薬剤を塗り込んで、それを自分の手で歯に装着し続ける形です。

薬剤にはいくつかの種類があるため具体的な数字は異なってきますが、大体一日に数時間は着け続けなければなりません。


ただそれは効果が出るまでの期間を短くしたい場合で、用事などで装着しない日があってはいけないというわけではないです。

順調に進めば、1ヶ月程度続けると効果が実感できるようになります。そしてじっくりと時間をかけて歯を白くしていく方法であるため、一度定着すれば長い間白さを維持することができます。

持続が大事。効果持続期間とは。



オフィスタイプで歯を白くした場合は、元に戻ってしまうまでの期間が大体3ヶ月、ホームタイプだとおよそ倍の6ヶ月程度だと考えておくと良いでしょう。

それぞれに効果の表れ安さと色戻りのしにくさと言う異なる強みがあるため、両方に魅力を感じるのであれば、一概にどちらの方が優れているかは決めることができません。

そのため複数の視点から考えるようにしましょう。


費用面で考えると、オフィスタイプよりもホームタイプの方が高額になりがちです。専用のマウスピースを作成する分を考慮しても、およそ倍からそれ以上の差になります。

継続していくのであれば、その差はより大きくなっていきます。

オフィスタイプとホームタイプの長所と短所

それぞれ元への戻りやすさと効果が出るまでの期間が短いという弱点があります。

それを天秤にかけてどちらかを選ぶのもひとつの手ですが、両方を組み合わせることでそれぞれの弱点を補い合うことも可能です。

それはデュアルホワイトニングと呼ばれる方法で、より高い効果を発揮させられます。もちろん効果が感じられるまでの期間も短くなり色戻りもしにくくなります。

料金は2つのタイプをシンプルに足す計算になりますが、予算面と時間的な余裕があれば選択しても良いでしょう。どちらの方が優れているかを考える手間も省けます。

オフィスとホームの両方を取り扱っているクリニックだと、組み合わせができないということもまずないはずです。

むしろ高い効果が表れるものとして、推奨されていることも多いでしょう。

日本人の歯は元から真っ白ではない

日本人の一般的な歯の色はA3〜A3.5と言われています。欧米の方と比べると一目瞭然の黄ばみがわかります。これには理由があり、そもそも歯の質が異なるのです。

歯のエナメル質の下には黄色っぽい色をしている象牙質があります。欧米の人々の歯は表面のエナメル質が日本人より分厚くできています。

そのため、下にある象牙質が透けるということは無いのですが、日本人は薄いためその象牙質が透けてしまい歯が黄ばんで見えているのです。


多くの方は歯の汚れによって黄ばみが酷い状態であるのですが、真っ白にしすぎると見た目の違和感が出てしまうのは元々の歯の白さよりかなり白くしてしまっているせいだと言えるでしょう。

日本で最も人気を高めているのはホワイトニング

一昔前とは違い気軽に行える存在となっており、クリニックは勿論エステサロンで行える方法も誕生するなど、ニーズを高めていることは間違いないと言えます。

本来は医療行為の一つであり、確実に効果を得て安全に歯を白くしたいと考えるのであればクリニックに受診するようにしましょう。

オフィスがホームかどちらで行うか選ぶことができたり、クリニックにより必要となるトータル費用にも違いはあるので、よく考えて選ぶ方が大切です。


どの場合でも虫歯がある場合には治療を行ってからとなるのは勿論のこと、知覚過敏にも気をつけておかなくてはなりません。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、一部の人はホワイトニングを行うことにより一時的に知覚過敏のような症状が発生することがあります。

歯磨きする時や冷たいものを飲食した時に痛みを感じるのが特徴です。なぜ歯を白くしたことが原因で知覚過敏になるのか不思議になったり、痛みはいつまで続くのか不安になるのは当然のことでしょう。

ホワイトニングと知覚過敏の関係