歯科クリニックにおける虫歯治療の流れとは?口内トラブルを防ぐには予防をすることが大切

虫歯治療

放置すると怖い虫歯

虫歯には段階があります。虫歯が小さいと歯の痛みがない場合もあり、冷たいものが少ししみる程度なので放置してしまう人もいるでしょう。

しかし、そのままにしていると突然痛みに襲われてもおかしくありません。その時に痛み止めを飲んでも効かず、耐え苦しむという事態は避けたいものです。

虫歯が小さなうちは治療も軽く済み1回で終わることもあります。少しでも違和感を感じたらすぐに受診をしましょう。

また、痛くないからといって安心していてはいけません。虫歯になると一時的な痛みのあと、痛みを感じなくなることもあります。

その際、もう痛みが無いからといって放置すると、虫歯菌が顎の骨にまで広がり「骨髄炎」になってしまうリスクがあります。


特に上顎と比べると下顎は血流が悪くなっていますので、骨髄に虫歯菌が進行してしまった場合、細菌が死滅しにくいという難点があります。

このことから、一般的には下顎の骨のほうが骨髄炎になりやすい傾向があります。

骨髄炎になってしまうと治療は長期を要します。重度の場合、入院に至るケースさえあるのです。

また、骨の中まで進行した虫歯菌がやがて全身にまで回ってしまった場合、信じられないかもしれませんが「心筋梗塞」であったり「脳梗塞」などを引き起こしてしまうこともあります。

これらはご存知の通り、命に関わる病気です。


虫歯菌を放置するということは、最終的に命を脅かす事態になりかねないのです。このことを知っておくだけでも治療に対する意識が変わるのではないでしょうか。

虫歯治療が怖いからという理由で放置してしまう方は多いと思います。どのような流れで虫歯治療が行われるかを知っていれば、虫歯治療の不安も取り除けるかもしれません。

虫歯治療の流れ