歯科クリニックにおける虫歯治療の流れとは?口内トラブルを防ぐには予防をすることが大切

虫歯治療

虫歯には段階があります。虫歯が小さいと歯の痛みがない場合もあり、冷たいものが少ししみる程度なので放置してしまう人もいるでしょう。


しかし、そのままにしていると突然痛みに襲われてもおかしくありません。その時に痛み止めを飲んでも効かず、耐え苦しむという事態は避けたいものです。

虫歯が小さなうちは治療も軽く済み1回で終わることもあります。少しでも違和感を感じたらすぐに受診をしましょう。

また、痛くないからといって安心していてはいけません。虫歯になると一時的な痛みのあと、痛みを感じなくなることもあります。

その際、もう痛みが無いからといって放置すると、虫歯菌が顎の骨にまで広がり「骨髄炎」になってしまうリスクがあります。


特に上顎と比べると下顎は血流が悪くなっていますので、骨髄に虫歯菌が進行してしまった場合、細菌が死滅しにくいという難点があります。

このことから、一般的には下顎の骨のほうが骨髄炎になりやすい傾向があります。

骨髄炎になってしまうと治療は長期を要します。重度の場合、入院に至るケースさえあるのです。

また、骨の中まで進行した虫歯菌がやがて全身にまで回ってしまった場合、信じられないかもしれませんが「心筋梗塞」であったり「脳梗塞」などを引き起こしてしまうこともあります。

これらはご存知の通り、命に関わる病気です。

虫歯菌を放置するということは、最終的に命を脅かす事態になりかねないのです。このことを知っておくだけでも治療に対する意識が変わるのではないでしょうか。

虫歯治療が怖いからという理由で放置してしまう方は多いと思います。どのような流れで虫歯治療が行われるかを知っていれば、虫歯治療の不安も取り除けるかもしれません。

虫歯治療の流れ



治療の最初の流れとしては、まず患者のお口の中がどれだけ汚いのかを調べるために、歯や歯茎の健康チェックが行われます。

歯と歯茎の間に鋭利な棒状の測定器具を差し込んで、どのくらいの深さまで器具の先端が入っていくのか、その深さを測ります。

5ミリや6ミリなどの数値が出ると、歯周ポケットが大きく口を広げていることになり歯槽膿漏歯周病が疑われます。

歯槽膿漏とは、歯周病の中で重度の状態を言います。炎症が広がってしまうと歯の内側を支えている骨が溶けてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

次に、溜まった歯垢や歯石の除去作業が歯科衛生士によって行われます。

歯ミガキをしっかりやっていない患者の場合は、鋭利な器具で容赦なくガリガリと歯石が削り落とされ、うがいをする度に口から大量の流血がある人もいます。

歯と歯茎の間の奥にまで歯石が付いてしまっている場合、取り除くために器具を深く入れる必要があるため、その際に出血する場合が多いです。

さらに、口の中に色がついた液体を含ませてうがいをし、後で見た際に歯に赤い色がたくさん付着していれば、磨き残しや歯垢がたくさん残っていることを指摘されます。

そして、無料で1本の歯ブラシが提供され、正しい歯の磨き方の教示が歯科衛生士によって行われます。

歯の磨き方も昔とは変化してきており、1本1本縦方向に磨く方法ではなく、歯ブラシは鉛筆のように持ち、歯と歯茎の境目に当て、前後に動かし歯垢を除去する方法を教えられます。

そのようなお口の中の清掃と正しい歯ミガキレッスンが終わったら、満を持して歯科医師が登場して本格的な歯科治療に入ります。

虫歯の治療を開始するためには、まずは口の中全体の歯を掃除して綺麗にしてから治療に取りかかるという流れになります。

そうすることで、痛みが出ている歯以外にも初期段階の虫歯を早期発見することができます。


そして、綺麗にお口の中の清掃が終わったら歯のレントゲン撮影です。治療台から離れて、別室で口の周りをレントゲン機器が回ってレントゲン撮影します。

これにより、虫歯がある部分には黒い影が顕れて来るので、虫歯であることがわかります。

削る虫歯と削らない虫歯

レントゲン写真などを見せながら、歯科医師はインフォームド・コンセントと呼ばれる詳細な症状の説明と今後の治療方針を説明してくれます。

歯科医師は、虫歯治療において、できるだけ他の健康な歯には傷を付けずに治療をしたいと考えています。

しかしながら、奥の見えにくい場所に虫歯があり、横の健康な歯を削らなければ虫歯まで行き着かないといった悩ましい症例があることも事実です。


虫歯が出来はじめた初期段階であれば、虫歯部分を削る程度で済む場合もありますが、歯のかなり多くの範囲や噛み合わせの中央部分が虫歯に犯されており、広い範囲を削らなくてはならないケースもあります。

その場合は、食事をする際に食べ物が詰まらないように、仮の詰め物をします。その際に歯茎の炎症などを防ぐために薬などを塗って詰め物をすることになります。

虫歯は抜くべきか


虫歯の範囲が広く、歯を抜いてしまった方が良いと判断された場合は、永久歯であればその部分だけ歯が無くなることになってしまいます。

それでは食事の際に噛み合わせが悪くなってしまい、場合によっては食べ物の消化にまで悪影響が及ぶことがあります。

そこで、差し歯やブリッジといった義歯を入れる方法があります。


ブリッジというのは、完全に抜けた歯の両サイドの健康な歯に橋をかけて義歯を固定する方法です。歯科治療が一応終了した場合であっても、歯茎の炎症が無くならない場合があります。

これは、まだ治療は終わったとはいえず、完全に歯茎の炎症が止まるまで歯科クリニックは責任があり、患者は通院しなければならなくなります。


日頃から歯磨きをしっかり行い、デンタルフロスや糸ようじなどを使用して歯垢や歯石を除去する習慣を付けておかないと、そのような事態になってしまう可能性が高くなります。

虫歯の治し方にはどんなものがあるの?

虫歯治療なども症状によって治療の仕方なども違いがありますが、軽い虫歯の場合には、薬を塗って対処する、歯を少し削る程度の治療で済む場合もあるため比較的治療期間なども短くて済みます。

しかし、ひどい虫歯となると、歯の表面だけでなく、神経にまでやられてしまうこともあります。

虫歯を放置してしまうと、症状が進行してしまい状況によっては歯を抜くことになってしまうこともあるでしょう。


基本的に、歯の土台などが残っているなどの場合には、かぶせものなどの治療法がありますが土台がしっかりと作れない状態となると、かぶせものなどができない場合もあります。

土台には、セラミック
などを使用してかぶせもので対処することも可能です。

虫歯予防と一緒に歯周病予防も忘れない

ひどい虫歯になってしまうことで、神経まで症状が進行してしまう、歯の土台部分がやられてしまう可能性があるため、できればそのような状態になる前に虫歯治療を受けることが大切です。

虫歯の初期状態ならば、ちょっとした詰め物程度で済む可能性もあるため歯をあまり削らずに済むことにもなるでしょう。

歯周病などによって、歯茎がやられてしまうこともあります。

歯磨きをする際に歯だけでなく歯茎などもしっかりとブラッシングしていないと徐々に歯周病が進行してしまうことがあります。

虫歯があるという場合でも、歯周病が進行している状態なら土台となる部分がしっかりとしていない状態の場合かぶせものなどの治療が困難になってしまうこともあります。

そのため、虫歯だけでなく歯周病などにも日ごろから注意して予防をしていくことが大切です。

歯周病の主な原因は歯石です。歯の隙間の汚れを毎日きちんと取り除いていないと細菌の量が増えていき歯周病が進行してしまいます。

厄介なのが歯周病になったとしても自分で気がつきにくいことです。10年以上かけてゆっくりと進行していくと言われています。


定期的に歯医者さんに行かずにいると歯周病の発見がかなり遅てしまい、気づいた時には重症になっている可能性も考えられます。

その場合、治療に多くの時間を要したり抜歯しないといけない状況になってしまうかもしれません。

歯磨きなどで正しく汚れを除去する習慣が定着できていないと多くの場合、歯周病になってしまいます。

歯と歯の間は歯ブラシだけでは取り除ききれない汚れもありますので糸ようじや歯間ブラシの活用が必要となってきます。

歯周病が進行していたりインプラントが入っている場合には歯の隙間が元々より広くなっている事も多いため歯間ブラシを使用するとよいでしょう。

口内トラブルを防ぐには?


ひどい虫歯を予防するためにも、定期的に歯科に通って歯のクリーニングを行ってもらいましょう。


虫歯がない状態でも歯垢や歯石などが溜まってくることで口内環境が不衛生な状態になりがちです。

痛みや歯が染みるなどの症状がなくても数か月や半年に一回程度歯科で歯のクリーニングを行ってもらいましょう。

歯垢や歯石を定期的に取り除くことにより、虫歯の予防口臭対策などにもつながります。

毎日必ず歯磨きをしていても歯石は付いてしまいます。歯石は歯垢が唾液中のミネラルと結合して作られます。磨き残しによる歯垢は2日で歯石になると言われています。

実は歯石が付きやすい体質というものがあります。それは唾液がアルカリ性に近い方や唾液がサラサラとしている方です。これらは石炭化しやすい環境なのです。

一方、アルカリ性に近い唾液は、細菌が繁殖しやすい酸を中和させたり歯を修復する作用をもっているため虫歯になりにくいとされています。

歯石が付きやすいけれど虫歯はあまりできないという方も多いと言われています。

だからと言って歯医者に行かずに放置していると、いつの間にか歯周病になっていて大変なことになってしまう場合もあります。

あくまでそのような傾向があるという程度で認識しておいてください。

また、体質ではなく歯石が付きやすい生活習慣もあります。主に、甘いものをよく食べていたり、常に間食をしているという習慣が挙げられます。

甘いものに含まれている糖分は口内細菌のエサとなります。甘いものを頻繁に食べていると口内細菌を繁殖させていることになるのです。


定期的に歯のクリーニングを行なってもらうということは、その場で歯の状態をチェックしてもらうことにもなります。

虫歯になりかけの歯がある場合などもその時に発見してもらえるため、すぐに治療を行ってもらうことができます。

健康な歯の維持にはとても重要であるため、自分の歯を守るために定期クリーニングには積極的に行くことをお勧めします。

症状が悪化するその前に…


結果として虫歯の悪化を防ぐことになるため
定期的に歯のクリーニングをしてもらうというのは、予防対策としては重要だといえます。

健康的な歯を維持できることは、自身の健康などにも大きく影響します。加齢に伴い身体機能なども徐々に衰えてくることになり、口内環境なども変化していきます。

高齢になってからも自分の歯をしっかりと残すためにも、日頃から虫歯予防のためにブラッシングを怠らないということや歯科で定期的に歯のクリーニングをしてもらうことはとても大切です。

虫歯の症状が出た場合には、我慢をせずにすぐに治療をしてもらうということも重要だといえます。

痛みに耐えたからといって、症状が改善するわけではありません。

むしろ初期症状の段階ですぐに治療
してもらえば、治療なども比較的簡単に済むため、時間的に考えてもひどい虫歯になってから治療をしてもらうよりもメリットがあるでしょう。

日ごろから自分の歯を大切にすること、そして虫歯の症状が出た場合には、すみやかに治療をしてもらうことを心がけましょう。

良い歯医者とは?

良い歯医者とは何でしょう。予約が取りやすくて安く治療を行なっているところでしょうか。

人それぞれ考え方は違うため断定することはできませんが、一つの考え方としては「虫歯や歯周病などになった原因を突き止め、一緒に考えて改善に向けて寄り添ってくれる」ところだと思います。


例えば原因が磨き残しであった場合、その場所の磨き方のコツを教えてくれたり、次に見た時に改善されているか確認してくれたりということが挙げられます。

虫歯ができてしまう原因は一人ひとり違います。その原因まではっきりさせてくれるところであれば今後の治療に対しても信頼して任せることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました