痛みの少ないホワイトニング施術方法をご紹介!治療費も抑えられ、効果も長く続く方法とは

ホワイトニング

美しく白い歯は清潔感があり、印象も良くなる

歯の美しさにはこだわりを持つ人は多いのではないでしょうか。顔の中でも目元の次に口元へ目が行くと言われています。

口元は顔のパーツの中でも動きがあるため特に印象に残りやすいそうです。

口元から覗く歯が整っていることで顔の印象も若々しく見えます。イギリスの調査では歯が白い人は実年齢より5歳若く見えると言う結果もあるそうです。

メリットは若く見えることだけではありません。

見た目の印象が良くなることにより人と会うことに自信も湧いて積極的なコミュニケーションにつながり、内面も生き生きするようになります。

きれいな歯を保つためには、毎日の歯磨きを丁寧に行うことや、色素沈着しやすい食べ物や飲み物を控えるということがあげられます。

とはいえ、気をつけていてもやはり少しずつ歯は着色していきますし、もともとの歯の色にも差がありますので、理想の白さを維持することは難しいものがあります。

理想の白さを手に入れるのであれば、ホワイトニング治療


審美歯科では様々な治療が用意されていますが、やはり薬剤を使うとなると歯がしみたり、痛みを感じることもあるとされています。

できることなら、痛くない治療で歯を白くしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

まず、治療を行う前には虫歯や歯周病を治しておくということも大切です。

虫歯があると薬剤がしみやすくなりますので、まずは口腔内をチェックしてもらい悪い部分があれば事前に直しておきましょう。

口腔内を良い状態にすることで痛みを感じにくくなります。


ホワイトニングを行う前には歯のクリーニングが行われることが多くなっていますが、歯石除去などのクリーニング直後はエナメル質も剥がれており、知覚過敏も起こしやすくなっています。

それゆえ、クリーニング直後に治療を行うことも避けたいところです。歯を白くする施術にも色々な種類がありますが、歯の表面を削ってセラミックを貼り付ける方法もあります。

こうした方法では美しい歯を得ることが期待できますが、歯を削ることはやはり痛みを伴いますし、自分の歯を弱くすることにもつながりますので、痛くない治療を希望する人は避けたほうが無難です。

薬剤を使って自宅で行う方法や歯科医院で行う方法が主流

薬剤を使った場合は一時的に知覚過敏のような症状が出る人もありますが、慣れてくるとあまり痛みを感じなくなる場合もあります。

薬剤をつけてしみたり、痛みを感じた場合も一時的なもので時間がたつとそうした症状も消えていきます。

とはいえ、痛みの感じ方は人それぞれ違いがあり、強く感じる人もいます。

そのような場合は、歯科医師に相談してより無理なく続けられる治療方法を見つけていきましょう。

薬剤で歯がしみたり、痛みを感じる原因にはホワイトニング剤に含まれている過酸化水素が原因しているといわれています。


歯科医院で行われるオフィスホワイトニングは即効性がありますが、それは高濃度の過酸化水素を含む薬剤が使われていることがあげられます。

効果は高いものの、痛みを強く感じる人もいます。

ホワイトニングは通常は痛みを生じるものではありませんが、歯の状態や施術の方法によっては痛みを伴うケースもあります。

ホワイトニングによる痛みは個人差があり、しばらく痛みがなくならないということもあるので、心配であれば予め歯医者さんに相談して、できる限りの対処をしてもらうこともできます

引用元:ホワイトニングは痛い?原因と対処法を今すぐ知ろう!

より痛くない治療を希望する場合

痛くない治療を希望する方は過酸化水素が低濃度に抑えられているホームホワイトニングを選ぶこともおすすめです。

この方法は毎日行う必要がありますが、治療費も抑えられ後戻りが少ないというメリットもあります。


最近はより過酸化水素の濃度の低い薬剤を提供している歯科医院もありますので、自宅でのケアでもしみる、痛いという場合は相談してみましょう。

そして、過酸化水素そのものを使わない薬剤も登場しており、この場合は刺激や痛みもより抑えられています。

過酸化水素を含む薬剤よりは白くする効果は劣るといわれていますが、ゆっくりと時間をかけて白くしていきたい、できるだけ痛くない治療を選びたいという人はこうした薬剤にも注目してみてはいかがでしょうか。

歯科医院での治療では薬剤を塗布したあと、光の照射が行われますが、光を照射しない治療を提供しているクリニックもあります。

照射を行わないことでより痛みも抑えられているとのことです。

多くの人は白い歯に憧れている

歯科矯正はなかなか出来ないけれど歯を白くしたいと願う若い人はたくさんいます。

昔は日本人はあまり口元に注力していませんでしたが、現代では歯科矯正も子供のうちからする人が多いですし、白い歯が素敵だという風潮になってきています。

やはり一番は歯医者にいってお金を払い、専門家である医者にホワイトニング処理をしてもらうことでしょう。


しかしそんな暇はないし、暇はあってもお金がない、という方もいます。ただ単に歯医者が怖いという方もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、自宅でしている毎日のケアで白くすることです普段遣っている市販の歯磨き粉で、ある程度歯を白くする方法があります。

ホワイトニングと、市販の歯磨き粉の差

歯医者では、ホワイトニングの処置をするときには過酸化水素という薬剤を使っています。

過酸化水素を使うことで歯の表面についている汚れや色素を分解し、無色化することができるのです。

さらに過酸化水素はエナメル質の構造を変化させることができ、その効果で白く見せることが可能なのです。


残念ながら日本においては、市販の歯磨き粉に過酸化水素を配合することは禁止されています。

薬剤を扱うにはそもそも歯科医師免許が必要ですので、結果的に歯磨き粉でクリニックでのホワイトニングと同じ効果を期待するのは無理ということになるのですね。

海外の製品では入っているものもありますが、日本で使用する際には注意が必要ですので念のため覚えておいてください。

歯科医院と市販の歯みがき粉では、使用できる薬剤の種類が異なります。

歯科医師がホワイトニング治療で用いる薬剤には「過酸化水素(もしくは過酸化尿素)」という薬剤が配合されており、歯の表面の汚れや色素を分解して無色化します。

さらに、過酸化水素はエナメル質の構造を変化させることにより歯を白く見せることができます。

ところが、日本国内では市販の歯磨き粉に「歯を白くする濃度の過酸化水素」を配合することは法律で禁止されています。

歯を白くする濃度の過酸化水素を取り扱うためには歯科医師免許が必要です。

したがって、市販の歯磨き粉で「歯科医院の施術と同じホワイトニング効果」を期待することは、現実的とは言えません。

引用元:ホワイトニング歯磨き粉とは?市販の歯磨き粉と歯科医師によるホワイトニングの違い

ホワイトニングの効果を持続する商品とは

成分名でいえば、「分割ポリリン酸ナトリウム」や「ヒドロキシアパタイト」を探してください。

分割ポリリン酸ナトリウムは、歯の表面の汚れを効率的に除去すると同時に歯の表面をコーティングする役割があり、再び汚れが付きにくくなるという効果があります。

ヒドロキシアパタイトは、歯に含まれているリン酸カルシウムの一つで、歯や骨の主成分で構成されているため安全性の高い生体材料です。

生体組織に馴染みやすく吸着性があります。

虫歯の原因と言われているミュータンス菌に対して優れた吸着性を発揮し歯の健康を保つ上で効果的に働いてくれます。

ヒドロキシアパタイトは歯の表面もミクロ単位のデコボコの傷を埋めて汚れや着色がしにくい滑らかな歯を作ってくれます。

更に、選ぶ時には低研磨性研磨剤不使用のものを選択してください。研磨剤は汚れを落とすことでは優秀なのですが、粒子が大きいほど歯の表面を削ってしまいます。

エナメルを傷つけてしまったり、歯茎にダメージを与えることもあるのです。

特に知覚過敏となってしまっている人は、研磨剤が入っているものを使いだすと水やお湯で歯がしみる、ということになりかねません。

発泡しないものがおすすめ

歯磨きは1回につき3分程度、しっかりと一本ずつ磨くことが大切といわれています。

しかし、ラウリル硫酸ナトリウムなどの発泡剤が入っているものを選んだ場合、すぐに口の中が泡でいっぱいになってしまって汚れが取れていないにも関わらず、しっかりと磨けた気分になってしまう人がたくさんいます。

口の中で泡が広がることが嫌ですぐに吐き出してしまう人は、折角の有効成分まで吐き出してしまっていることになりますので勿体ないです。

自宅で歯磨き粉を使ってホワイトニングをするためには、まず「研磨剤を使っていない」か「少ししか入っていない」もの、そして「分割ポリリン酸ナトリウム」や「ヒドロキシアパタイト」が入っているものを選びましょう。

更に、発泡剤不使用の商品を選び、歯ブラシの先に少しつけた状態でしっかりと磨くことです。

歯医者で処置をしてもらったような白さにはなりませんが、自然に光る白い歯を守ることが出来るでしょう。